確定申告の時期が来た

2016.02.21 Sunday 08:57
0
    「私は年金受給者だから、確定申告は関係ない」
    「私は会社勤めのサラリーマンだから、確定申告は関係ない」
    「税務署なんて行ったこともない」

    という、そこのあなた!

    もしかしたら、あなたは税金を払いすぎているかもしれません。
    各種保険のほか、なんと雪下ろしの費用やシロアリ駆除費用なども申告すれば、税金が戻ってくる可能性があることを、ご存じだろうか?



    ○私は年金受給者だから、本当に確定申告は関係ないのか?

    年金受給者のうち「公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下」で、かつ「公的年金等に係る雑所得以外の他の所得金額が20万円以下」の方については、確定申告をする必要はありません。
    と、聞いた事ないだろうか?

    日本年金機構は年金受給者から、「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出を受け、配偶者控除を受けられる配偶者がいるか否かは把握しています。
    しかし、生命保険に加入しているか?否かまでは把握しておりません。
    ここが落とし穴なのです。

    そのため確定申告不要制度を利用して、確定申告をしなかった場合、配偶者控除は受けられますが、生命保険料控除は受けられないのです。
    その他に、確定申告をしないと受けられない所得控除としては、災害や盗難により住宅や家財などに損害を受けた場合の「雑損控除」、一定額以上の医療費を支払った場合の「医療費控除」があります。

    また税額控除の一種である「住宅借入金等特別控除」、いわゆる住宅ローン控除も、確定申告をしないと受けられません。

    ところで夫が定年退職した時に、妻が60歳未満だった場合、妻は国民年金の第3号被保険者から第1号被保険者に変わりますので、国民年金の保険料を納付する義務が発生します。
    こういったケースで夫が妻の保険料を代わりに納付した場合、夫が「社会保険料控除」を受けられますが、これも確定申告をしないと受けられない所得控除になります。

    ○サラリーマンの方は、本当に確定申告は関係ないのか?

    サラリーマンの中には「自分は確定申告なんか関係ない」と思っている人も多いようです。
    今はやりの「ふるさと納税」も、実際にやっているサラリーマンは一部です。
    大部分の方は、ふるさと納税どころか、確定申告さえしたことがないはずです。

    サラリーマンの方は、本当に確定申告は関係ないのか?
    決してそうではありません。
    サラリーマンも、よくよくチェックしてみれば、確定申告をすれば税金が戻ってくるケースは多々あるのです。
    もっと簡単にいうと、サラリーマンの方が税金の払い過ぎになっているという状況はけっこうあるのです。

    しかも、それは自分で節税をしようと思ってやっているケースばかりではありません。
    普通に生活しているなかで、本当は税金の控除が受けられるのに、受けないままになっているケースがかなりあるのです。

    ▲サラリーマンの税金は会社が全部やってくれている

    実は、会社がやってくれる税金の手続きというのは、最低限度のことだけなのです。
    あなたの経済生活をすべて確認した上で、税金を徴収しているわけではないのです。

    ▲確定申告って面倒じゃないの?

    サラリーマンの確定申告は非常に簡単です。
    必要書類を1〜2枚、税務署に持っていけば、あとは税務署員が手取り足取り手伝ってくれます。

    しかも、サラリーマンの確定申告は、2月16日から3月15日までのいわゆる「確定申告時期」にする必要はありません。
    この時期は税務署が込みますから、それ以外の自分が余裕のある時期にいけばいいのです。
    category:知恵袋 | by:博士comments(0) | - | -

    ゴロピカザザザ〜の後に

    2010.05.12 Wednesday 19:51
    0
       午後から真っ黒な雲が西からやってきて、大粒な雨が降り出した。
      それもピカ☆ゴロゴロゴロって雷もお友達のようにやってきたのだ。



      1時間ほど降っただろうか、なんと雨がやんで日光が差し込んでくると東の空に虹が現れてきた。

      category:知恵袋 | by:博士 | - | - | -

      正しい参拝・初詣のマナーと作法

      2009.12.27 Sunday 23:00
      0
        1年の計は元旦にありといいますが、こたつでゴロゴロしていたい気分はわかります・・・でも、初詣に出かけましょう。
        気になるあの娘と行くもよし。
        縁日目当てに行くもよし。

        当然、お参りの作法は存在します。
        正式な方法を憶えましょう。
        正式な作法を知っとくとより御利益が上がると思います。

        初詣っていつ行くと良いのでしょう。
        初詣とは、その名の通り新年になって初めて寺院や神社にお参りすることで昔は元旦に参拝するものでしたが、現在は、松の内に行くのが目安です。
        松の内とは門松や松飾りを飾っておく期間をいいます。
        本来は1月15日までが松の内でしたが、江戸で1月7日までとするようになり、現代では1月7日までというのが一般的ですが関西地方では今でも15日までが松の内です。

        それでは大晦日に行ってはいけないのでしょうか?
        これで松の内に初詣に行くという意味がおわかりいただけたと思います。
        しかし大晦日から出掛けていき、まだ年が明けていないのにお参りをしている方も沢山います。

        テレビなどの年越し中継で年明けを寺院や神社で迎える方々が映しだされますね。
        実はこれ、本来の初詣の名残りなのです。
        かつては年籠りとして大晦日から元旦にかけて徹夜で寺社にこもる風習があったのです。
        やがてこれが大晦日の夜の除夜詣と元旦の元旦詣に分かれて、現在は元旦の祝い膳、おせち料理をいただいてから初詣に出掛けるようになっていきました。
        また31日〜元旦にまたがってお参りをすることを二年参りといいます。

        初詣の期間がわかったところで、ご利益を最大限に引き出せる神社や寺院はどこなんでしょう。
        神社や寺院ごとに祀られている神様や仏様はもちろん御利益の得意なジャンルが違います。
        参拝客が多いからっと、商売繁盛の神様のところで合格祈願しても・・・願いを聞いてくれるかもしれないけれど、少し効きめが弱そうな気がします。

        神宮系は、昔の天皇や天皇の祖先の神様を祀っていることが多く、国歌鎮護を始め、御利益は広大無辺とされている。

        天満宮・天神系は学問の神様"菅原道真公"を祀っており、学業祈願ならここ。また、雨や雷を起こす"天神様"として、農業にも御利益。

        八幡系は武の神"八幡大神"が祭神のため、必勝祈願にもってこい。また、安産祈願、芸能の上達、厄除けにも御利益。

        稲荷系は祭神は"宇迦之御魂神"。豊作をもたらす農耕神かつ商売の神様なので五穀豊穣と商売繁盛に御利益。

        さぁ参拝に行きましょう。

        1.境内に入る前にまずは一礼。
        神社の場合は鳥居に、お寺の場合は山門に軽く1礼します。
        これは鳥居・山門は聖域と外界の分かつ境目であり、聖域へ入る際の神様や仏様に対しての挨拶をします。
        神前に向かいますが、参道の中央は避けて通ります。
        参道とは初めの鳥居をくぐって社殿までの道を指しています。
        参道の中央は正中(せいちゅう)と言って、神の通り道とされておりそこを避けて歩くことが礼儀です。

        2.手水舎で手を清める
        右手で柄杓を持って左手を洗います。
        左手で柄杓を持誓えて右手を洗います。
        右手に柄杓を持ち替えて左の手のひらに水を受け、それを口に含んですすぐ(くちびるを濡らす程度でもいいです)
        右手で柄杓を持って左手を洗います(不浄な口をつけてしまったので、もう一度清めます)
        柄杓を立てに持って柄の部分に水を流します。
        柄杓を元の場所にふせて置きます。
        (*水を汲むのは1回のみです)

        3.ローソクやお線香を奉納する場所がある場合。
        ・お線香は神仏の食べ物とされておりなるべく立ててあげます。
        ・他人のロウソクから火を点けない。その人の「業」を貰うとされています。

        4.いよいよ参拝。
        神社の場合は一般的に「2礼2拍手1礼」
        軽く会釈をします。 賽銭を投じ、鈴を鳴らします。
        頭を深く二回下げます(2礼)。
        手を合わせます。右の掌を左に対して少し引き、柏手を二回打ちます(2拍)ここで祈願等を行います。
        頭を深く下げます(1礼)。

        お寺の場合は「1礼」
        軽く会釈をします。 賽銭を投じ、鈴を鳴らします。
        胸の前で合掌して祈願→軽く頭を下げます(1礼)
        ※神社のように拍手を打つのは失礼にあたるので注意しましょう。
        category:知恵袋 | by:博士 | - | - | -

        効果的な「うがい」「手洗い」「マスク」の方法

        2009.08.26 Wednesday 09:31
        0
          新インフルエンザが、また猛威を振るってきた。
          うがい、手を洗うことを盛んに報道している。
          ここでおさらいをしておこう。

          あなたは、正しくうがいや手を洗っていますか?

          それでは効果的な方法を紹介しましょう。

          順番は手を洗って、うがいをする方が効果的です。

          手を洗う方法

          洗い方を紹介する前に手を洗っても汚れが残る部分を見てみてください。



          上記の写真は手に手洗い教材の専用クリームを塗り教育しないで普通に手を洗ったときの写真です。
          このクリームはブラックライトで照らすと白く光る性質があります。
          よって白く光っているところが汚れが落ちていないところになります。
          手首、手の甲、親指、指の先が特に汚れが残っています。

          それでは紹介しましょう。

          1.手に洗剤を付けて泡立てます。

          2.手のひらを擦り合わせて洗います(10秒)
           

          3.手の甲と指の間を洗います(左右の甲を5秒づつ)
           

          4.指の間を洗います。(左右の指の間を5秒づつ)
           

          5.指先を洗います。(左右の指先を5秒づつ)
           

          6.親指を洗います(左右の親指を5秒づつ)
           

          7.手首を洗います(左右の手首を5秒づつ)
           

          8.流水で手をすすぎます(10秒)



          正しく洗うと上記の写真のように殆ど白く残った部分がなくなりました。

          うがいの方法

          1.コップに水またはぬるま湯を用意します。

          2.口に1/3〜半分ぐらいの水を含み、正面を向いたまま「グジュグジュ」っと口の中をゆすぎます(2回)

          これは、口の中の食べかすなどを流すことが目的です。

          3.口に1/3〜半分ぐらいの水を含み、顔を上(天井を向くように)に向けて、口を開けながら、「あー」や「がー」と声を出す。
          または出すつもりで「ガラガラ」と、のどをゆすぎます。
          1回に10秒ぐらいかけて、2〜3回行います。

          これは、のどを水で潤して、埃や菌などを洗い流すことが目的です。

          今回は正しいマスクのつけ方も紹介しましょう。

          マスクのつけ方

          マスクを材質から見てみましょう。
          材質には、主にガーゼと不織布があります。
          ガーゼは通気性や保温、保湿はいいようですが、ホコリ、花粉、微生物などのバリアーとしての性能は低いようです。
          一方、不織布はサージカルマスクやN95に使用されており、花粉や微生物などのバリアーとなりえます。

          それぞれのマスクの特徴についてみてみましょう!

          サージカルマスク
          ・医療用として古くから病院や医院で使われている
          ・細菌を含む粒子(4〜5μm)を95%以上除去できる
          ・感染した人の咳などによって微生物を含んだ粒子が大気中に拡がるのを防ぐ
          →患者から感染していない人への感染経路を防止することを目的としたマスクです。

          N95マスク
          ・結核やSARSなどの感染防止に使用されている
          ・Nとは、耐油性がないことを示し、95は試験粒子(0.3μm)の95%以上を捕集(阻止)できるという意味
          ・微生物を含む大気から人への感染を防ぐ
          →汚染された大気から感染していない人への感染経路を防止することを目的としたマスクです。

          インフルエンザウイルスの大きさは0.1μmと小さいが通常は唾液など液体の飛沫と一緒に飛散します。
          飛沫の大きさは5μm程度で、市販されている不織布マスクでも十分捕捉可能です。
          マスクと顔に少しでもすき間があって空気が漏れていれば、ウイルスを含んだ飛沫を吸い込む危険性が高まるので、マスクの装着の仕方が重要になります。

          さあ、つけてみましょう。

          サージカルマスク(不織布製マスク)



          これが、サージカルマスクです。
          表裏を確認します。
          上側には針金があり、内側になる方には折り目が上になるようにします。
          写真は外側になります。



          鼻の形に針金を合わせて着用してください
          インフルエンザの予防には鼻と口を覆うようにしないと効果ありません。



          鼻の部分を片手で押さえながらゴムバンドを耳にかけ、アゴを包むようにマスクを下のほうまで伸ばします。
          マスクの両脇を押さえて肌に密着させます。
          マスクが顔に密着しているか確認します。
          まず、両手でマスク全体を覆い、息を吐き出し、空気の漏れをチェックして、密着のよい状態にマスクを合わせます。
          注:マスクのゴムバンドが長すぎて隙間が出来てしまう場合には、ゴムバンドを結ぶなどをして長さを調整してください。
          注:正しくマスクを装着できないときは使用しないでください。



          これでは効果ありません。

          N95マスク



          白色の鼻金を上にしてマスクを顔に当てます。



          片手でマスクを押さえながら、上のゴムバンドを後頭部にかけ、
          次に下のゴムバンドを首の後ろにかけます。



          下のゴムバンドの両端部を持ち引っ張り長さを調整します。
          その後、同様に上のゴムバンドの長さを調整します。



          両手で鼻金を顔に合わせて押し曲げ、顔面にピッタリと密着させます。



          マスクが顔に密着しているか確認します。
          まず、両手でマスク全体を覆い、息を吐き出し、空気の漏れをチェックして、密着のよい状態にマスクを合わせます。
          注:正しくマスクを装着できないときは使用しないでください。

          マスクの取扱い方と使用後の廃棄方法も感染防御には重要なことです。





          ・マスクは、1日1枚使い捨てにする
          ・洗濯や消毒をして繰り返し使うことはしない
          ・はずすときはなるべく表面に触らないようにしてゴムバンドをつまんではずす
          ・使用中もはずすときもなるべく表面に触らないようにする
          ・マスクをはずした後は、正しい手洗いをする
          ・マスクの共用は絶対にしない
          ・マスクを捨てるときには、蓋のついたゴミ箱やビニール袋に入れる

          これをマスターして健康に気をつけながら楽しく暮らしましょう。
          category:知恵袋 | by:博士 | - | - | -

          植木鉢?

          2009.05.28 Thursday 10:24
          0
            リクエストに答えまして植木鉢を使った人形の作り方を書こうと思う。

            素焼き植木鉢を1号が10個、5号以上が2個、プラスチックの鉢が1個、ホースを1m、ヒモを5m、ハサミを用意する。



            1号鉢とホースとヒモで上記のように2段と3段をそれぞれ一組ずつ作ります。



            2段は腕用、3段は足用として上記のように5号鉢以上の鉢と組み合わせて組み上げる。
            帽子としてプラスチック鉢をのせるとテラコッタ人形の完成。



            今回の材料では左側の人形が出来ます。
            右側の人形は腕と足の植木鉢を2号にすると作ることが出来ます。

            なれれば1体30分程度で作ることが出来ます。
            お庭がメルヘンチックになるかも(^^)

            category:知恵袋 | by:博士 | - | - | -

            Calender
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728   
            << February 2018 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM