天体観測するかな

2010.08.05 Thursday 07:34
0
    夕方西の空で、三惑星が接近するのだ。

    宵の西の空に輝いている金星のそばに火星と土星が輝いています。
    今月上旬はこの三惑星に位置が複雑に変化します。

    5日おきくらいに観察するとよく分かるでしょう。



    20時ころに見える三惑星のおおまかな位置関係です。
    金星が極端に明るいので金星を目印にして火星、と土星を捜していくといいでしょう。
    この惑星たちは、肉眼でもよく見えるので観察には機材は入りません。
    ただ、すぐに沈んでしまいますので、西の方向に建物などがないところでご覧下さい。

    8月5日になると金星の真上に土星が移動し、火星は少し離れ、土星の左側に見えます。
    8月10日には、金星の右へ土星、左上に火星が移動しています。
    これ以降は、土星の高さがかなり低くなり、金星と火星の二惑星のみが、西の空に残って輝くようになります。


    8月13日、三惑星の接近の終わりのころ月が加わり、よりいっそうにぎやかになります。
    金星と火星が月の上に輝き、少し離れて土星が右側に輝いています。
    観察は20時ごろです。
    しかし、かなり高度が低いので西から西南西方向に建物があったりすると見えなくなってしまいます。
    観察する場所を明るいうちに捜しておくといいかもしれません。



    12日深夜から13日の未明にペルセウス座流星群が極大します。
    ペルセウス座から流れるというわけではなく、ペルセウス座の方向から流れるように見えるだけです。
    街明かりの少ない所で、夜空を眺めると、1時間に10個以上の流星を見ることができるでしょう。

    夏だからこそ天体観測してみてはいかがですか(^_^)v
    category:不思議 | by:博士 | - | - | -

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM