軽キャンピングカーを使ってわかったこと

2015.06.26 Friday 12:10
0
    軽キャンピングカーと聞いて、どんなキャンピングカーを想像しますか?

    私は軽キャンピングカーと聞いて、軽自動車をベースにキャンピングカーにしているのだから、維持費など安くできるのだろう。
    また、価格が安いので魅力を感じました。

    私は、キャブコンにあこがれていましたので、トラキャンのミカミ やどかりに最初興味を持ち、いろいろ調べている内に、オートショップアズマからラ・クーンが販売され、展示会に見に行って、ショップの方と話していて、ラ・クーンを購入することになりました。
    当時のキャンピングカーは白が定番な色。
    他にはシルバーメタリック、ゴールドメタリック、ライトグリーンメタリックのキャンピングカーがありましたが、主に展示会用で手に入りづらい物ばかりでした。
    それが、ラ・クーンを購入にあたり、「全塗装して?」って頼んでみたら、ふたつ返事で「いいよ」って言ってくれたので、イエローに全塗装してもらいました。



    さて、納車までの間、いろいろ手続きしましたが、一番驚いたのは、自動車保険の高さ。
    普通乗用車の3倍以上、車両保険と言ったら、10倍以上と、めん玉が飛び出しちゃうほどの高さでした。

    そして納車。
    予想していたのですが、登坂能力は・・・う〜ん、どんどんスピードダウン(^^;
    高速道路では、100キロでもなんなく走れます。
    ただ、燃費が型落ち、リッター当たり8キロぐらいに・・・
    80キロで走っていたときに、トラックに抜かれると、うわ〜(^0^;) ラ・クーンが引っ張られるので、かなり怖い。
    これは、改良の余地ありと判断して、後日、改良しました。

    余談が過ぎましたね。
    さて、本題に入りましょう。

    軽キャンピングカーを使ってみてわかったこと。

    1、荷物はどうするか?
     ラ・クーンは、バンクベッドがあるので、荷物は、そこに載せています。
     これは、かなり重要です。
    ※例えば、旅に行った事にしましょう。
     長距離だった場合、途中、疲れたから、キャビンをベッド展開して、仮眠を取る場合、荷物がバンクベッドに載せてあるために、荷物を退かすこともなく、ベッド展開して、すぐに仮眠できます。
     これが、軽ワゴンのキャンピングカーの場合、まずは、後ろの座席などにある荷物を退かします。
    荷物?っと思われる方がいると思いますが、荷物が大変なんです。
    退かすって言っても、どこに退かします。座席の下・・・だめだめベッド展開できなくなります。
    それでは、どこ?
    運転席か助手席の足下のみしか、置くスペースはありません。

    ポップアップ出来るって、だから大丈夫って、それでも大変なんですよ。
    まず、道の駅、高速のSA/PAは、原則、ポップアップ展開やスライドアウト展開は禁止です。
    それは、危険なためと、公共の場所だからです。
    ポップアップやスライドアウトは、キャンプ場で行いましょう。
    SA/PAでポップアップなどの展開すると、必ずと言って良いほど、となりに発電機を積んだトラックが発電機を、軽キャンカー側に向けて横付けして来ます。
    かなり、うるさい(T-T)

    また、余談が過ぎました。
    ひとりなら、まだ、どうにかこうにか、なるのですが、複数人いると、それも晴れていれば、外に出てもらって、なんて出来ますが、雨が降ったりしていたら、そんな余裕ありません。
    軽ワゴンですから、あの車内空間ですから、絶対の余裕を持つなら、ラ・クーンのような、キャブコンタイプをおすすめします。

    2、走りについて
     あきらめが肝心です。

     100キロ出るけど、振られます。
     横風には、滅法弱いです。
    すぐに、一車線またぎます。
     向かい風は、もっと弱いです。
     坂道?
    聞かないでって言いたいほど、スピードダウンします。
    日光いろは坂で、20キロ程度です。
    それでも早いと言われます。
    トヨタ カムロードベースのキャンピングカーのオーナーさんに良く聞く話しです。
    ブレーキは、効かないと思って、運転した方が良いです。

    これだけは、軽ワゴンタイプのキャンピングカーは、走りに関しては、スピードダウンは、それほど気にしなくて良いと思います。

    3、装備について
     一般に必要最低限のものしか搭載されていません。
    それも机の上でしか、考えていないものが、ほとんどです。
    だから、使い物になる物は20%ぐらいと考えていて、使いにくいところは、改良しましょう。

    私のラ・クーンの装備品
    ・サイドオーニング
    ・サイドオーニングライト(改良)
    ・ベンチレータ
    ・ベンチレータカバー 雨が降っても車内が濡れることがありません。(改良)
    ・サブバッテリー100Aから200Aに変更 DC12Vが使えます。(改良)
    ・FFヒーター 寒がりですので冬は、これがないと何かと不便です。外が−10℃でも中は20℃以上に。
    ・冷蔵庫20リットル 冷たい飲み物や食材には必需品かな。(改良)
    ・10リットルから20リットル給排水に変更(改良)
    ・浄水器 水タンクから給水するのですが、あるのと、ないのは、雲泥の差(改良)
    ・バゲッジドア 水タンクを出し入れ用に取り付け(改良)
    ・DC-ACインバータ AC100Vの電化製品を使うにはないと使えない(改良)
    ・外部電源 コンセントをキャンプ場のコンセントにつなぐとAC100Vが車内で使えます。
    ・外部充電器 コンセントをキャンプ場のコンセントにつなぐとサブバッテリーに充電されます。(改良)
    ・AC100V切替機 外部電源とDC−ACインバータのコンセントが別々で使いづらかったので、ひとつのコンセントにするために、同時にAC100VをつなぐとDC-ACインバータが壊れますので、DC-ACインバータ電源と外部電源を自動で切替ます。(改良)
    ・ソーラーパネル200W 太陽の力でサブバッテリーを充電します。これで冷蔵庫の電源は入れっぱなしOK。(改良)
    ・オートステップ
    ・オートステップ閉め忘れ防止装置(改良)
    ・パワーウインドウ(改良)
    ・キーレス(改良)
    ・ランプ類LED化(改良)
    ・4チューナー車載テレビ(改良)
    ・エアスポイラー スカートの部分に風が溜まることを防ぎ、ふわふわ感を減少させます。(改良)
    ・カーナビ 道に迷わないようになります(改良)
    ・シンク大型化 手だけしか洗えなかったシンクでしたが、お皿や鍋も洗えるようになりました(改良)
    category:ラクーン | by:博士 | - | - | -

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM